床オナなどの激しいオナニーで中イキできなくなるってホント!?

オナニーって本当に気持ち良いですよね。

もしかすると、皆さんの中にも「パートナーとの性行為よりもオナニーの方が好き!」という方はいらっしゃるのではないですか?

自分の気持ち良いところは長年連れ添った右手、左手が1番良く知っているはずですから、そういう思いを抱えていても仕方ありません。

でも、あまりにもオナニーに夢中になってしまう余り、通常NEW勃動力三體牛鞭のオナニーとは異なるオナニーをしてしまう方がいます。

床オナのような間違った激しいオナニーはペニスに大きな影響を及ぼす恐れがあるのです。

今回はこのことについてお伝えしていきます。

目次 [閉じる]

    1 ♦どうして激しいオナニーは危険なの?
    2 ♦膣内射精障害は子作りの天敵!
        2.1 心因性のEDの可能性も
    3 ♦膣内射精障害の予防・対策って?
        3.1 膣内射精障害 予防
        3.2 膣内射精障害 改善方法

♦どうして激しいオナニーは危険なの?

te
著作者:SS_CARROT

何度も言いますが、オナニーってめちゃくちゃ気持ち良いですよね。ついつい激しくなってしまうのも分かります。

しかし、性的刺激は脳に伝わるもの。気持ちよさを感じているのはアナタ自信の脳なのです。

美味しい食事をして「おいしい!」と感じるのも脳、シアリスホラー映画を見て「怖い!」と感じるのも脳です。

ここで1つ質問したいのですが、美味しい料理を毎日食べ続けるとどう感じますか?また、怖かったホラー映画を見続けると、どう感じますか?

おそらく「美味しいけど慣れた」「怖いけど慣れた」という感じになるはず。

この「慣れ」というのが非常に厄介。オナニーでも同じ現象が起こってしまいます。

これがどうして厄介なのか?

床オナのような気持ち良い三便宝激しい刺激に慣れすぎると、脳がそれ以上の刺激を感じなければ「気持ち良い!」と判断しなくなってしまうのです。

皆さんも激しいオナニーをした後に、通常の手でシゴくだけのオナニーをするとどこか物足りなく感じてしまいますよね。それが脳が激しいオナニーに慣れてしまった証拠です。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています